実力とデザイン力

何か自分の得意とする分野でウェブのお仕事を始めてみましょう。

Back Number
実力とデザイン力
実力とデザイン力

得意分野から入ってみる

見た目が美しいサイトにしたいと考えつつWEBのデザインをすることもあるでしょう。
WEBデザイナーの仕事というのは、そのサイトの魅力を引き立てるような仕方でデザインすることが要求されるので、もともとビジュアルの分野で才能のある人が向いているといえるでしょう。
学生時代から、芸術の分野などに関心があったとか、写真を撮影するのが好きだったといった人であれば、ビジュアル系に強いといえるでしょう。
そして、WEBデザイナーとしての一歩を踏み出したいと思っていらっしゃるかもしれません。
得意とする分野はプランニングだという人もいらっしゃるかもしれません。
そういった場合にはWEBプランニングのエキスパートとなってみてはいかがでしょうか。
以前から何かのプランを立てて、そのプランに従って仕事が行われるように社員たちに指示したり、的確なアドバイスをしたり、指摘する点を探したりするのが自分の得意分野だったという人であれば、まさにWEBプランニングのお仕事が天職だといえるでしょう。
まず規模の小さなサイトの企画や運営を上手に行うことができれば、他の規模の大きなWEBサイトの作成にも携わってみたいという気持ちになることでしょう。

Copyright (C)2017実力とデザイン力.All rights reserved.